内山田ミキオの雑記ブログ

猫と旅と一眼レフと時々キャンプとDTM

【iPad Pro 2018】DTM オーディオとクリック音を独立して出力する方法【BOSS DB−90】

 

f:id:tapiokasan1090:20181221224048j:image

 

iPad Pro 2018新型が出て入出力端子がlightningからUSB–Cになりましたね。

外部機器への接続やらでUSBハブ使えたりだとか汎用性が広がり便利になりました。

 

っておいおい、ちょっと待ってくれ。

iRig MIDIが使えなくなったやんけ!!

 

f:id:tapiokasan1090:20181221224546j:image

 

バンド演奏なんかでドラマーさんにクリック音を送る際に

MIDIアウトからメトロノーム機器に繋ぐこいつが使えなくなりました。

 

しかもiPad Pro、今世代からイヤフォンジャックも無くなった。

MIDIアウト駄目、オーディオのラインアウトも駄目と

ダブルで食らっている私です。

 

というわけで他の方法探すことになったわけですが、

とりあえず解決策が見つかったので書いときます。

 

まずクリック音をドラマーさんに送る為のメトロノーム機器としては

【BOSS DB–90】を使います。

f:id:tapiokasan1090:20181221230217j:image

 

BOSS メトロノーム Dr. Beat DB-90 

そして必要なもの。

USBハブ。

f:id:tapiokasan1090:20181221230315j:image

家に転がってたやつなんですが、

USB–Cから、USB2.0×2、USB3.0、USB–Cに拡張するタイプでした。


LENTION 3ポートUSB-Cハブ PD充電機能搭載 全4色 USB3.0 端子不足を解消 MacBook pro/Windows10搭載PCなど対応 (ゴールド)

f:id:tapiokasan1090:20181221230543j:image

 

 

そしてUSB MIDIインターフェース

f:id:tapiokasan1090:20181221231135j:image

YAMAHA UX-16 

こいつらをiPad Proに接続していきます。

 f:id:tapiokasan1090:20181221231358j:image

 DAWアプリCUBASIS2を使います。

CUBASEiPad版ですね。

 

プロジェクトを開いて再生する前にCUBASIS2側の設定。

左上のSetupからMIDIの項目を開きSend MIDI Clockをオンにします。

f:id:tapiokasan1090:20181221231822j:image

これでOK。

 

さて…試してみると…

うまく動作した!!!!

f:id:tapiokasan1090:20181221231638j:image

 CUBASIS2を再生するとDB–90もプロジェクトのBPMに合わせて同期しました。

 

よかった〜。

これでドラマーさんクリック音をモニターできる。

 

さて、あとはオーディオの出力や。

 

USBハブにこんなものを挿しました。

 f:id:tapiokasan1090:20181221232225j:image

USB–Cをイヤフォンジャックに変換するやつ。

Apple Storeで売っているApple純正品です。

1000円ちょっとぐらいだったかな。

※ちなみに社外品も使ってみたんですがiPad Proが認識せずオーディオ出力されませんでした。

 

こいつをUSBハブに挿さるよう頭に変換器(USB–A)をつけて。

f:id:tapiokasan1090:20181221233336j:image 


USB Type Cメス コネクタ【2点セット】 USB Aオス to USB Cメス 変換アダプタ 小型 軽量 ミニ usb3.1 タイプc 変換 usb 高交換性 データ転送+急速充電 合金製

おっけ〜。 

 

はい。これでMIDIアウトそしてオーディオアウト共に出力できました。

めでたしめでたし。

 

バンド演奏などで同期音源使う際にiPadを活用している方、または検討している方の

参考になれば幸いです。 

 それではここらで。