内山田ミキオの雑記ブログ

猫と旅と一眼レフと時々キャンプとDTM

【レンズ比較】神レンズに刺客?!Artラインが来てしまった。【SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM vs Canon 50mm F1.8 STM 作例で比較】ブログ・レビュー

f:id:tapiokasan1090:20190120190747j:image

こんにちは。

内山田ミキオです。

 

キヤノンの神レンズといえば。

EF50㎜ F1.8にもう随分長いことお世話になっております。

はじめてカメラを買ったときに、

一眼レフカメラのあの背景ボケている写真が撮りたいんです~。』

と相談した店員さんに薦められるがままこのレンズを買いました。

 

当時はまだSTMが出る前の古いタイプでEF50㎜ F1.8 Ⅱってやつ。

このレンズはまさに当時の私の夢見たボケた写真が撮りたい!という願いを叶えてくれ、写真の世界へと力強く私を引っ張り込みました。

後日その店員さんにお礼を言いに行ったりしました(笑)

 

何故神レンズなんて言われているのかいうと、価格からは考えられないその写り。

その時の価格はなんと9000円しなかった

現行モデルのSTMは

だいたい14000~17000円くらいで少し高くなってしまったが、

それでもその写りからしたら破格であることは間違いないはず。

最強にコスパの良いレンズとして撒き餌レンズなんて言われてたりもしますよね。

現行のEF50㎜ F1.8 STMになってからもすぐに手に入れ、がっつり使い込んでいます。

長いことこいつとの付き合いになっていますが、

 

しかしそこに刺客が現れたのです。

 

 

前回の記事→【レンズ作例比較】EF70-300mm F4-5.6L IS USMとEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMを取り比べ【Canon一眼レフカメラ】ブログ・レビュー - 内山田ミキオの雑記ブログ

も是非(^^)

 

SIGMAのArtラインがやってきた!】

高いレンズがやってきてしまいました。

SIGMA 50mm Art F1.4 DG HSMです。

 

で、でけぇ~(◎_◎;)

そして重っ!

EF50mm F1.8 STMと比べるとかなり巨大。

お前さんたちホンマに同じ50㎜かよ(笑)

 

【スペックの違い】

ざっとスペックを書いときます。

EF 50mm F1.8 STM

解放F値:F1.8

レンズ構成:

絞り羽根枚数:7枚

最小絞り:F22

最大撮影倍率:0.21倍

フィルター径:49Φ

全長:39.3㎜

重さ:約160g

 

SIGMA 50mm Art F1.4 DG HSM

解放F値:F1.4

レンズ構成:8群13枚

絞り羽根枚数:9枚

最小絞り:F16

最大撮影倍率:0.18倍

フィルター径:77Φ

全長:99.9㎜

重さ:約815g

 

大きさは2倍以上。(体感では3倍くらい違う)

重さに至ってはなんと5倍!!(笑)

ちなみに被写体により寄れるのはEF 50mm F1.8 STMのほう。

 


f:id:tapiokasan1090:20190120190728j:image
f:id:tapiokasan1090:20190120190723j:image

 

【カメラにはめてみた:外観】

今回はEOS 5D markIVにつけてみます。 
f:id:tapiokasan1090:20190120190732j:image

まずはEF50㎜ F1.8 STM
f:id:tapiokasan1090:20190120190743j:image
f:id:tapiokasan1090:20190120190752j:image

うん。コンパクトやね。

 

続いてSIGMA 50mm Art F1.4 DG HSM
f:id:tapiokasan1090:20190120190720j:image
f:id:tapiokasan1090:20190120190738j:image

おお~。

様になりますな。カッコよい。

 

【撮り比べてみた:作例】

大きさや重さだけでなく値段も数倍高いこのレンズ。

写りの違いが気になりますな~。

ってことで撮り比べてみました。

f:id:tapiokasan1090:20190122215345j:image

この風景でそれぞれのレンズを付け替えて撮り比べしてみました。

あんまり厳密な比較じゃないので申し訳ないですが…。

 

画質にどんな違いが出るのかな?

まず中央付近を拡大して見てみよう。

 

EF50㎜の解放とF9.0
f:id:tapiokasan1090:20190122215400j:image
f:id:tapiokasan1090:20190122215405j:image

ふむ。解放はふわっとして解像感が劣りますね。

文字の部分がちょっとぼやけて見えます。

絞ると改善されますね。

 

お次はSIGMA Art 50mmの解放とF9.0
f:id:tapiokasan1090:20190122215256j:image
f:id:tapiokasan1090:20190122215320j:image

解放だとやっぱりちょっとふわっとしてるかな。

絞るとだいぶくっきり。

 

次は赤で囲った部分を見てみる。
f:id:tapiokasan1090:20190122215356j:image

 

まずはEF50㎜から。
f:id:tapiokasan1090:20190122215351j:image
f:id:tapiokasan1090:20190122215309j:image

 

そしてSIGMA 50mm Art
f:id:tapiokasan1090:20190122215339j:image
f:id:tapiokasan1090:20190122215334j:image

 

ふむ。

ようわからんな←

どちらのレンズも解放ではふわっとしてて絞ればカリッとします。

あんまり厳密な比較じゃないので申し訳ないですが、

絞った時によりくっきりするのはSIGMAのほうかな。

 

でもさ、

EF50㎜ F1.8 STM全然負けてなくね?

 

【AF速度はSIGMA 50mm Artの圧勝】

写りは正直、私はどっちのレンズでもいいかな。

素人目には分かんねぇ。

それにここまでやっといてなんだけど、こんなにトリミングして観ることもないわな。

しかし使っていて思ったのはAFの速さ

これはSIGMA Art 50mmの圧勝でした。

全然スピードが違う。

動きの激しい被写体はこっちのがええですね。

【EF50mm F1.8 STMはやっぱり神レンズ:作例】

たぶん私の腕が悪いからちゃんとした比較ではなかったと思う。

今度改めてまたちゃんと比較しゅる。

それにしてもEF50mm F1.8 STMはやっぱりいいレンズだと思う。

あんな高いレンズと比べてもこのコンパクトさ、軽さ、値段でこれだけ写るのだから

全然良いじゃないっすか。

 

最後にEF 50mm F1.8 STMで撮った写真たちで終わります。

テキトーに家んなか撮ってみました。

やっぱボケる写真っていいですね~。うまく使いこなせるようになりたいな。

f:id:tapiokasan1090:20190122194723j:image
f:id:tapiokasan1090:20190122194709j:image
f:id:tapiokasan1090:20190122194714j:image
f:id:tapiokasan1090:20190122194719j:image

f:id:tapiokasan1090:20190123120409j:image
f:id:tapiokasan1090:20190123120414j:image

f:id:tapiokasan1090:20190123120715j:image

それではここらで。


にほんブログ村