内山田ミキオの生活を豊かにして委員会!!

猫と旅と一眼レフと時々キャンプとDTM

iPad ProとApple Pencilで写真レタッチが快適!写真をより印象的に。

f:id:tapiokasan1090:20190201201914j:image

こんにちは。

カメラ大好き内山田ミキオです。

 

私はお気に入りのカメラで景色や愛猫等いろいろ撮影をしますが、

撮った写真を現像時にさらに美しい仕上がりにするため、レタッチ作業があります。

一眼レフカメラを買うと現像ソフトが付属してきたりしますが、

現像ソフトをPCにインストールしておいて、露出や彩度、色温度やディテール調整など様々な項目から

自分好みの写真へと追い込んでいきます。

 

その際に私はiPadを活用することが多く、またApple Pencilを使うことでレタッチ作業がとても快適に行えるので

今回は作例を交えつつその様子をお見せいたします。

 

 

iPadはRAWも表示できる

私のCanon機の場合、RAWで撮影したデータもiPadに取り込むと普通に画像が表示されます。

他メーカーは使ったことがないのでよくわかりませんが…

 

PCだとRAWファイルって一度現像ソフトを通さないと表示できなかったりするんですよね。

この辺iPadは便利です。

 

 

iPadで使っているレタッチアプリ:Snapseed

f:id:tapiokasan1090:20190201230855j:image

 

Adobe Photoshopがとても有名ですが、今回はGoogleが提供している無料のアプリ、

『Snapseed』を使います。

無料とは思えないほど高機能でお勧めです。

 

ではこのSnapseedとApple Pencilでレタッチする様子をお見せします。

 

実際にレタッチしていくよ

登山中に撮った写真をレタッチしていきます。

まず、これが撮って出しのJpeg

f:id:tapiokasan1090:20190201211024j:image

露出をいじる

Snapseed内のブラシというツールで、

明るさ、露出、色温度、彩度をApple Pencilでタッチしたところで調整できます。

まずは露出。
f:id:tapiokasan1090:20190201201842j:image

今回この範囲が明かりで上から照らされてる風な写真にしていきます。

f:id:tapiokasan1090:20190201231219j:image

まず周りから露出を下げていきます。
f:id:tapiokasan1090:20190201202114j:image

とりあえずこんな感じ。
f:id:tapiokasan1090:20190201201832p:image

さらに露出を下げていきます。
f:id:tapiokasan1090:20190201201858j:image

細かいところは拡大して精密にレタッチ。
f:id:tapiokasan1090:20190201202031j:image

こんな感じ。
f:id:tapiokasan1090:20190201201934p:image

今回はちょっと大げさ目にいこう。

さらに露出を下げて…
f:id:tapiokasan1090:20190201202005j:image
f:id:tapiokasan1090:20190201202039j:image

こう。
f:id:tapiokasan1090:20190201202103p:image

 

彩度を下げて調整。

露出を下げた部分に変な色が浮いてきていると思います。

葉などが青く浮いてしまっています。

露出を下げるとこのように変に色が残ってしまうことがあるのですが、

こういった場合には彩度を落とすことで誤魔化せます。
f:id:tapiokasan1090:20190201201905j:image
f:id:tapiokasan1090:20190201201849j:image

とりあえずこんな。

浮いてしまった青色が隠れました。
f:id:tapiokasan1090:20190201201955p:image

さらに細かい部分の露出や彩度を調整して…
f:id:tapiokasan1090:20190201202047j:image
f:id:tapiokasan1090:20190201202021p:image

 

こうなりました。

では元の写真と見比べてみましょう。

f:id:tapiokasan1090:20190201211024j:image
f:id:tapiokasan1090:20190201211112j:image

どうでしょうか。

狙った部分をライトで照らしてる風な写真なったかな?

ちょっと大げさに加工しましたがこれはこれで印象の濃い写真になったかしらん。

 

その他作例

他にも用意しました。

レタッチ前とレタッチ後で並べてあります。

すべて露出と彩度のみ調整しました。

f:id:tapiokasan1090:20190201203034j:image
f:id:tapiokasan1090:20190201203019j:image
f:id:tapiokasan1090:20190201203025j:image

f:id:tapiokasan1090:20190201210652j:image

f:id:tapiokasan1090:20190201211909j:image
f:id:tapiokasan1090:20190201203030j:image

f:id:tapiokasan1090:20190201210800j:image

f:id:tapiokasan1090:20190201210727j:image

f:id:tapiokasan1090:20190201210914j:image
f:id:tapiokasan1090:20190201210909j:image

はい。

こんな感じで明かりで照らされた風な写真にレタッチしました。

最近の私の中での流行です(笑)

 

昔はPCでマウスを使ってやっていましたが、これに慣れるとすごい楽ですね。

このくらいのレタッチなら5分もあればできてしまいます。

iPadApple Pencilの直観的な操作のしやすさ、おすすめです。

 

それではここらで。

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

Snapseedはこちらから。