内山田ミキオの生活を豊かにして委員会!!

猫と旅と一眼レフと時々キャンプとDTM

石川県金沢の旅②〜食欲編〜

f:id:tapiokasan1090:20190207173009j:image

こんにちは。

内山田ミキオです。

 

昨日投稿しました石川県金沢の旅①〜街ぶら編〜兼六園・近江町市場 - 内山田ミキオの雑記ブログ

に続く石川県金沢の旅シリーズで~す。

 

今回は第二弾、食欲編です。

金沢の美味しい海の幸やらなんやらを暴食してきたので

これより飯テロ攻撃開始致します。

覚悟いたせい。

 

近江町市場:丼家ひら井

近江町市場でお昼ご飯食べたんですけど、2階のお店の中の

丼家ひら井という海鮮丼屋さんに入りました。

f:id:tapiokasan1090:20190207001451j:image

お店に入ると右手にショーケース。

なんか高そ~~なものが陳列してました。

すげーアメジスト
f:id:tapiokasan1090:20190207001352j:image

フロントのおばちゃんがすごく気さくな感じの方でした。

『おにーちゃんたち。そこのお席座ってや~。はい、どうぞん。』
f:id:tapiokasan1090:20190207001235j:image

カウンター席。

一応お店の中と料理写真撮ってもいいですか?と聞いたところ

『いいですよ(^ ^』と快く快諾してくれました。
f:id:tapiokasan1090:20190207001249j:image

そして~~。

私が注文したのは~~

 

バン!
f:id:tapiokasan1090:20190207001346j:image

見よ!

生えび丼!

プリップリ!!

えび大好き(*´Д`)笑

 

岩海苔入りお味噌汁。
f:id:tapiokasan1090:20190207001444j:image

おっ。

金箔のっとる。
f:id:tapiokasan1090:20190207001426j:image

臭み少なく甘くて風味が濃い美味しいえびでした。

ゆーっくりいっぱい噛んで食べましたっと。

みずみずしさはあるんですけど噛んで出てくる水分が全部旨味。

 

えびの話はさておき、

お店の雰囲気良かったですね~。

別段変わったお店ではないんですけど、たぶんフロントに居たおばちゃん。

他の従業員に対して

『〇〇ちゃーん。あっちの席片付いたかな?うん、オッケーよ~』

『おっ、〇〇くん。そっち良い感じね~』

それと板前のベテランっぽい人が若い板前さんに

『いい感じ良い感じ。やるじゃん』

と、明るい声で声を掛け合っていて、従業員仲良さそうな感じが好印象でした。

 

というわけでご馳走さまでした。

 

あっ、コッペパン屋さん

金沢市街を散策中、吸い込まれるようにコッペパン屋さんへ。

コッぺ亭 金沢店。
f:id:tapiokasan1090:20190208222635p:image

私の地元にはコッペパン屋さんって見かけたことなくて、

なんだかつられちゃいましたね。

くらえチョコバナナクリームコッペパン
f:id:tapiokasan1090:20190207001258j:image

コッペ亭は今調べたんですけど、

特等小麦粉を使用し、卵は使用せず北海道の良質な生乳から四つ葉乳業の無塩バターを配合とのこと。

パンの生地はふわふわで、しっとり甘くておいしかったな~。

買い食い&食べ歩き。

さっき甘えび丼食ったやろて?

夕飯までの繋ぎやろて!

 

さ、生ものアゲイン。

夕飯は金沢駅内のもりもり寿司。

30分くらい並んだかな~。

 

タッチパネルiPadだった。
f:id:tapiokasan1090:20190207001229j:image

金沢駅内のもりもり寿司はカウンターで板前さんと対峙する”回らないタイプ”と

”回るタイプ”の2店舗あります。

なんとなく板前さんの前だと…と思って(シャイか)回るほうに入りました。

 

さぁ行くぜ!

のどぐろ!
f:id:tapiokasan1090:20190207001333j:image

塩で食います。
f:id:tapiokasan1090:20190207001242j:image

うまそ~~なマグロです。
f:id:tapiokasan1090:20190207001304j:image

日本酒を挟みます。

金沢のお酒、加賀鶴
f:id:tapiokasan1090:20190207001432j:image

そして生ガスえび。
f:id:tapiokasan1090:20190207001358j:image

生ガスえびっていうのは初めて食いました。

最高においしかったです。

甘えびが食べれなくなりそうな。

相方曰く『旨味の濃度が違うぜ。』

 

そしてスーパーヘビィー飯テロ。

ウニいくら!
f:id:tapiokasan1090:20190207001311j:image

ふわふわで、口の中で溶ける。

美味いウニってほんと美味いですよね。

いくらと口の中で混ざったときにまろやかさと旨味がやヴぁい。

 

そんな感じでお寿司堪能しましたァ。

 

らーめん食わずに帰れるかっての。

翌日。

私、らーめんが超好きなんですけど

旅行に行くと必ずその土地でらーめん屋を探しては入ります。

今回の金沢旅行ではこちら。

中華そば 麺屋 白鷺(しらさぎ)
f:id:tapiokasan1090:20190207001339j:image
f:id:tapiokasan1090:20190207001420j:image
f:id:tapiokasan1090:20190207001223j:image

塩らーめんと醤油らーめん、そして塩ベースの鶏白湯。

私は特製香味そば塩を注文しました。

f:id:tapiokasan1090:20190208222323j:image

和え玉?

「替え玉と和えるの造語」ですって。
f:id:tapiokasan1090:20190207001405j:image
そしてこれが

特製香味そばだ!
f:id:tapiokasan1090:20190207001439j:image

すんげーうまかったです。

特製は、半熟味玉、低温調理豚肩ロース、トリムネ、トリモモがトッピングされていました。

塩らーめんだからあっさりだと思っていましたが、

香りが高く味もしっかり出ていて印象としては濃厚でしたね。

ごちそうさまでした~。

金沢にまた来たらリピートします。

 

塩っぱいの次は、甘いの。

塩っぱいの食うと甘いものはさみたくなるんすよね(笑)。

ミスドでドーナツ食いました(笑)
f:id:tapiokasan1090:20190207001317j:image

 

 

はい。

こんな感じで金沢の美味しいところ頂いてきました。

飯テロとしての破壊力どうでしたかな。

ハッハッハ。

 

やっぱエビっすわ。

生ガスえび強し。

 

こんな感じで食欲編終わります。

 

次回は宿泊編。

 

それではここらで。

石川県金沢の旅①〜街ぶら編〜兼六園・近江町市場 - 内山田ミキオの雑記ブログ